様々な雇用形態がある今の日本ですが派遣とはどのような働き方をいうのでしょうか。

派遣とは

様々な雇用形態がありますが近年増えてきているのが派遣という働き方です。
正社員、契約社員、パート、アルバイトなど企業で働く上では多様な雇用形態で働く人が混在し、それぞれの仕事の役割を遂行しています。
これらの雇用形態と派遣とは何が異なるのでしょうか。
社員、契約社員、パート、アルバイトは直接企業と雇用契約を結んでいるのに対し、派遣は派遣会社と雇用契約を結び、派遣先の企業で仕事を遂行します。
実際に働く職場は派遣先企業ですが雇用主はあくまで派遣会社なのです。
したがって、給料は派遣会社から支払われることになり、社会保険も一定の条件を満たしていれば派遣会社での加入も可能です。
就業までのおおまかな流れとしては、まず派遣会社で登録手続きを行います。
希望の職種、給料、今までの経歴やスキルなどを踏まえたうえで派遣会社のスタッフが登録者に仕事の紹介をします。
希望や条件によっては紹介される企業の数は複数になることもあるでしょう。
登録者のスキルなどが派遣先企業の希望と合致すれば、面談や場合に応じて職場見学をし、両者の合意のもとで仕事がスタートします。
このように、派遣という働き方は登録をした派遣スタッフ、派遣会社、派遣先企業それぞれが関係を持っています。
派遣での労働日数は最短1日〜半年以上に長期にわたるものまで実に様々です。
1日や1週間という短期派遣ならばその日数を終えれば契約は終了しますが、半年以上の長期派遣になると3ヶ月ごとなど短めの契約を更新し続ける場合がほとんどです。
しかし、会社の事情などにより契約が更新されない場合もあります。
一昔前までは派遣といえば事務職が大半でしたが、最近では専門職や技術者など多様な職種において人材派遣が活用されています。
派遣というと契約期間が決まっており長く働けるか不安、待遇や賃金は正社員の方が有利、と派遣に対して不安やマイナスのイメージをもつ方も多いと思います。
しかし、将来のキャリアへの通過点やステップと捉える、女性でしたら家庭や育児と仕事を両立させるために派遣として働く、仕事とプライベートはきっちりと分けて働きたい、という方にはむしろ派遣の方が働きやすいのではないでしょうか。
いまや正社員、派遣、契約社員…どのような形で働くのかを自分で選択できる時代です。
自分はどのような働き方をしたいのか、将来のライフプランに合わせてよりよい働き方を選択することが大切だと言えるでしょう。

Copyright (C)2014すごい!スキルの高い人が集まる派遣会社.All rights reserved.